身近な生活から降りかかるトラブルを回避する為に利用できる専門家

A Good Lawyer

生前に出来る事

法律事務所で相続相談ができる内容

法律相談所では一般的に、故人が亡くなってから遺言書がある場合、遺言書の有効無効を遺族に伝えたり、民法上の相続をする場合、手続きを代行で行ったりします。また、故人が亡くなった後、相続問題で揉めることもあり、そのことで法律事務所を訪ねられる方も多いです。遺族間で相続について揉めた場合は、民法に従い遺産が分けられますが、不満が残る遺族がいらっしゃることがあります。また、民法上の相続が故人の遺志に反したものであることもあります。そのため最近では終活という言葉が流行り、生前、自分の遺志で財産を遺したい方に遺すための相談や生前贈与する方法などを初回無料のサービスで提供する法律相談事務所に相談する方も増えていらっしゃいます。相続問題を考えだした時は相談してみられることをお勧めします。

相続問題を解決するための法律事務所の役割

法律事務所で相談する内容として一番多いものが相続問題です。法律事務所の利用の理由は、生前口約束で面倒を見てくれた特定の方に遺産を遺すと言っていたが遺言書として書き記した文書がないため法律上無効とされたことの相談や遺言書を書いた当時の故人の認識の有無など、また、兄弟姉妹間の中で親の面倒をみた特定の方に寄与分として他の相続人よりも遺産を多く譲り受けることが認められないだろうかという相談があります。また、故人の相続をする段階になって、連れ子で養子縁組をしていなかったことが発覚し、自分に相続権がないことを知る場合もあります。相続相談のケースに応じて、相談者の一番納得できる方法を提案していくことが法律事務所の役割です。